製品

粉砕

コントラプレックス ® CW 衝撃型微粉砕機

Fig. 1 コントラプレックス 250CW

Fig. 1 コントラプレックス 250CW

概要

高速で回転する対抗した2枚のピンディスクを用いた高速衝撃型微粉砕機である。スクリーンが不要で、粉砕ロータ外側の粉砕室スペースが大きく、付着性の強い原料の粉砕に適する。

2枚のディスクを有し、それらを互いに逆回転させることでピンディスク1枚の場合よりもはるかに速い相対速度が得られる。最高相対速度は、最も外側のピン部で最大250m/sになり、モース硬度3程度までのもろい原料が粉砕可能である。

製品粒子径は,ピンディスクの速度を変えることによって調整することができる。両方のディスクに作用する遠心力が強く、粉砕室のスペースも大きいため、水分や脂分の多い原料や付着性の強い原料の粉砕に効果を発揮する。また、液体窒素を使った低温粉砕にも対応する。

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

原理・構造

粉砕室の中央から投入された原料は、本体側の高速回転ピンディスクと駆動機構を搭載したドア側回転ピンディスクにより、微粉砕される。また、軸受部は防塵構造となっており、長時間運転でもベアリング部などに損傷を与えないよう設計されている。

Fig. 2 構造

ハウジング
■溶接構造
■下部排出(標準)または接線方向排出
■鉄製またはステンレス鋼(SUS304、316、316L)製
■250型~630型

ピンディスクとピン
■特殊鋼製

べアリングユニット
■自動吸気または強制洗浄によるエアシール
■注油フリーまたは油潤滑方法による冷却構造

その他
■セーフティインターロック

オプション
■医薬品仕様
■耐防爆型設計ATEX 94/9/EC対応の最大10バール(G)の爆発圧力に耐える設計
■耐摩耗ピン

Fig. 3 ワイドチャンバ・CW構造

特長

■大きなスペースの粉砕室を有するため、付着防止、粉砕による熱の発散効果が高い。

■2枚のピンディスクから得られる高い相対速度により、微粉砕が可能である。

■強烈な衝撃力により、2種類以上から構成される原料の均一な粉砕混合が可能である。

■モース硬度3以下で、原料中の異物(シリカ、ジルコニアなど)含有量0.1%以下の原料に適する。

■スクリーンがないため、スクリーンミルでは対応できない摩耗性・付着性原料に適する。

Fig. 4 コントラプレックス 800CW

仕様

Table 1 仕様

Fig. 5 フロー

  • 製品カタログダウンロード
  • 製品に関するお問い合わせ

製品検索

  • 製品
  • >粉砕
  • >微粉砕
  • の検索結果一覧

ページトップへ